日産サティオ湘南
Fドリーム平塚 地域情報 戻る
 

日産サティオ湘南本社平塚店、平塚田村店のすぐ近くに、
気軽にカート走行が出来るサーキットがあるって知ってましたか?

点検の待ち時間にでも、家族で立ち寄ってみたら
ますますカーライフが楽しくなることでしょう。

記者今日はサティオ湘南レディーの玲音奈未(れおんなみ)さんと小泉みゆきさんに写真を見ながら体験取材を振り返ってもらいましょう。
出発
:写真できたんだね。
:見せて見せて!
:この日はホントに天気が良かったよね。まさにカート日和というか。
:初めての経験だからちょっと心配してたけど、青空のお陰でテンション上がったよね!
:このときはまだ余裕だね?(2)
:ピットの上のデッキの写真ね。サーキットが一望できます。仲間同士でのんびりできるスペースあるので(3)誰と来てもゆっくり楽しく過ごせそうな感じだったね。
:親子大会も開催されてるみたいなので、家族で遊びにきて、練習するのもいいかも。
:塾長登場!(4)ウィッシュ!(笑)45
:なかなかのイケメンっぷり&おちゃめっぷりでした。
:1人でも予約出来るカートスクールではこちらの井上塾長が丁寧に教えてくれるそうですよ。
実際、教え方もとても丁寧だったしね。これは(5)スクール用の2人乗りカートだね
:みゆきちゃんは一緒に乗って走ってたじゃん。(6)ちょっとウラヤマしかった!走りながら何を教えてもらってたの?
:コースの幅を大きく使って!ぐらい....ドキドキしてあんまり覚えてないです!
:コレが(7)私たちが乗った「birel」のカート。メンテナンスがしっかりしていてとても快適に走れましたよ。メカニックさんありがとうでした!
:イタリア製なんだってね。フェラーリと一緒の赤がまぶしい! ちなみにこちら(8)は私が乗った車のハンドル。
:エフワンのハンドルみたいにコンピューターがついているんだよね。
:コレでエンジンの回転速度やラップタイム、速度等まで記録するんだってね。
スクール用のものだそうで、これで取れるデータを参考にアドバイスが受けられるそうです。
:これはベルマーレ平塚カラーに塗られた本当のレース用のカート。(9)
:これに乗った塾長の模範走行はすごかった。ただただ凄い。
:聞けば今シーズンのカートチャンピオンなんだそうです。道理で!
:そんな偉い人が教えてくれてたのね。
スタート
記者:事前の講習で体感時速100kmなんていわれたけど、実際どうでしたか?
:走る前はホントに怖かった!
:凄い(10)不安げ!(笑) 私は余裕!(11)
:走った後の写真は無いの?
記者:御免なさい!
:もう!走ってみれば、全然大丈夫だったんだけどな。
:慣れてくると、どんどん気持ちよく走れるようになるのが楽しいよね。
記者:いざ勝負!の写真(14)ですが.......みゆきちゃんやっぱりスタート前は元気ないよ〜〜!
:......集中してるだけです!
記者:この時は塾長からの目標タイムが奈未さん50秒、みゆきさん70秒の設定で
タイムトライアル勝負をしました。いかがでした?
:走るにつれてどんどんタイムが上がっていくのが見えて、気持ちよかった!
:走りながらタイムボード見れたの?凄いね!
私なんかすごいスピード出てるから怖くて怖くて。
走ってるときは誰よりも早く走ってる感じなんだけどな〜。タイム聞いてがっかり。
記者:お二人とも走行写真はなかなかいい感じですよ。(12)(13)
1213
:終わりにはスタッフの方がチェッカーフラッグ振ってくれるんだよね。(15)
記者:そしてドキドキのタイム発表。真剣勝負でかなりの熱戦でしたからね。
:気になるレース結果は(16) 「HELLO Shonan TV」でどうぞ!

お疲れ様!
:スタッフの皆さんとても丁寧で、やさしかったです。(17)
:車が好きな人ならもちろん、興味の無い人でもデートや、仲間との休日に、 遊びに来たら、絶対楽しめるよね。ドライブが苦手な私が言うんだから絶対!

記者:それでは取材を終えて、F.ドリーム平塚はいかがでしたか。
:市街地にあるので、気軽にこられるサーキットですね。
免許が無くても普段着で走れるので、休日に家族で、仕事帰りに仲間同士で、そして彼氏彼女でも誰と来ても楽しめますよ。
:スタッフのみなさんがとても親切で、カートを楽しんで欲しい気持ちがとっても伝わってきます。
私は、乗り物が苦手だったんですが、取材を忘れる楽しい一日を過ごせました。

記者:最後にどういう風にプライベートでは利用したいか聞かせてください。
:私は速く走れるようになりたいので、きっちりスクールとして通いたいです。
予約をすれば1人でも教えてくれるそうなので、お茶目な塾長について真面目に速くなりたいです。
:F.ドリーム平塚は仲間同士で気軽に貸切に出来るのでお友達の誕生日に貸切にしてレース開催、そしてシャンパンシャワーをしたいです!


記者:みゆきさんがシャンパンシャワーをかける方になるには、まずはかなり練習が必要そうですが.......陰ながら応援してます!
ありがとうございました!

F.ドリーム平塚オフィシャル


トップへ戻る