日産サティオ湘南
   

日産サティオ湘南暴力団排除条例取組


平成23年4月1日
神奈川県暴力団排除条例が施行されました。


----------------------------------------------------------------------------------------

(以下神奈川県警察ホームページより引用)

暴力団の現状と問題点

平成22年1月現在、神奈川県における暴力団は、組織数109団体、構成員等約3,650人を把握しています。

稲川会、山口組、住吉会の3団体の勢力は、県内暴力団の約90%を占め、中でも稲川会は約75%を占める最大勢力となっています。

平成21年から平成22年にかけて、暴力団員による銃器発砲事件や、暴力団幹部とその威力を利用した貸金業者が法外な利息を得ていた事件や、信用保証制度融資を悪用した多額融資金詐欺事件など、繁華街、住宅街で県民に不安を与える凶悪事件や、県民の身近な社会経済活動等を資金源とする事件が頻発しているのです。

平成4年の暴力団対策法施行以来、暴力団排除機運の高まりや、警察の厳しい取締りにより、暴力団は社会から孤立しつつありますが、その一方で、組織実態を隠し、合法的な企業活動を装ったり、資金源を多様化させつつ、凶悪な組織犯罪に深くかかわるなど、依然として社会に脅威を与え続けているのです。

条例制定の趣旨

この条例は、神奈川県から暴力団を排除していくため、基本理念を定め、県、県民及び事業者等の役割などを明らかにする とともに、暴力団排除に関する基本的施策、少年の健全な育成を図るための措置、暴力団員等に対する利益の供与の禁止等を定めることにより、暴力団排除を推 進し、安全で安心して暮らすことができる社会の実現に役に立つよう定めたものです。


----------------------------------------------------------------------------------------

日産サティオ湘南は、上記のような趣旨を踏まえ、神奈川県警に協力し、安全で安心して暮らすことができる社会の実現に役立つよう努めます。

詳しくは↓

神奈川県警察ホームページ






戻る